男のオアシスともいえるデリヘルの女の子の美しいボディーを求めてさすらう親父の風俗紀行

デリヘル嬢の艶やかな肉体を追求する

ムンムン親父のデリヘル紀行

デリヘルでシャワーに入ろうとしない先輩

投稿日:2015年11月17日 更新日:

デリヘルでシャワーに入ろうとしない先輩一般のデリヘル店ではプレイの前に必ずシャワーを浴びることが大前提でプレイしてくれますよね。

これは衛生的な問題で性病予防にもつながるので、必須だと思うのですが自分の先輩には、デリヘルを利用する時にシャワーを絶対にあびようとしない人がいるんです。

まず、ラブホテルにシャワーが付いていないなんてことは奇跡でも起きない限りありえません。

では自宅派遣の場合はどうでしょう?そもそも自宅は全面禁止のお店や女の子もいます。

そして必ず派遣する時には事前にシャワーの有無をチェックされ、盗撮などの危険やトラブル防止のために店舗のスタッフが内見します。

アパート住民共同の浴室なんかも当然NGです。

では自分の先輩の場合はどうでしょう。自宅に派遣することは皆無です。

絶対にちょっとお洒落なラブホテルに入ります。

そして決まり文句のように毎回『さっき浴びてきたから』を繰り返すのです。

そして女の子に必ず怒られるというのが彼のプレイスタイル。もはやこれが彼の中でマニュアル化されているんじゃないかと思えるほどです。

もちろんそんなことを続けていたら女の子はもちろん、お店のスタッフにもブラックリスト入りの客とみなされてしまいかねないのですが、先輩は出禁になることがないんですよ。

先輩曰く、『しつこくすると嫌われちゃうから、いつも1?2回しか言わないよ』とのこと。

その後にはちゃんとシャワーも浴びると言います。

それでも毎度のことのように怒ってくれるという女の子たちは・・・さすがプロ、脱帽です。

先輩のような客とお店の関係は、かなり稀だと思いますが世の中には先輩のような客もいるんだなと軽く感心してしまいました。

みなさんも普通に遊ぶなら、シャワーは女の子と一緒に浴びましょうねw

風俗でも五反田のデリヘルでは清潔感のある男性がモテるとの情報アリ

-ムンムン親父のデリヘル紀行

Copyright© デリヘル嬢の艶やかな肉体を追求する , 2017 AllRights Reserved.